Dozery-12の記憶-

ダズンという学生が1ヶ月に12回は更新しようと努力しているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WANDS/WANDS レビュー

CDレビューは久しぶりな気がします。久しぶりな気がするので需要が高そうなWANDSにします。

WANDS1stアルバム"WANDS"、大島康祐がWANDSの正式メンバーとして参加している唯一のアルバム。
そして、ボーカルの上杉昇が赤いジャケットを着ている。
僕が知る限りではこのアルバム以外では赤いジャケットは着ていません。
最初は赤のジャケットに目が行きますが、しばらく見てると
左で角刈りの大島康祐が無表情でシュールに立っているところにしか目が行かなくなりますw
右の柴崎浩に目が行くのはファンだけです。
売上は35万枚。じわじわ売れて来てたので別に中山美穂とコラボしなくても
バンドとしては続けられたような気がします。その場合大島康祐がメンバーに居続けたかもしれません。


作詞は全て上杉昇。

1,ふりむいて抱きしめて
作編曲:大島康祐

2ndシングル。かなり一般受けしそうなテクノポップ。
ぱっと聞いた感じだと普通の恋愛の歌かと思いますが、
悪女に騙されて今もその悪女は他の男を騙し続けているという内容の歌詞になっています。
時の扉以上に大島サウンドが効き過ぎている感じがします。おかげで凄い耳に残る。
個人的にラスサビでギターが入ってくるのが好きです。


2,Cloudy Sky
作編曲:大島康祐

てってってれってーれという印象的なイントロから入る楽曲。
アルバムの中で一番好きな曲です。WANDSの楽曲の中でも上位に入る曲です。
Bメロからの盛り上がり具合が物凄く好み。
サビはTMNのSelf Controlのような掛け合いのような感じになっています。
カラオケで歌うのは結構難しいです。
上杉昇の歌唱力は本当にグランジがやりたくて出てきたのか疑問になるレベルです。
歌詞は少し憂鬱気味。


3,寂しさは秋の色
作曲:栗林誠一郎 編曲:明石昌夫

1stシングル。デビューシングルにしては地味なバラード曲。発売は12月らしいです。
名曲であることには間違いない。この歌い方の曲は多分この曲のみです。
編曲家がこだわったのかは分かりませんが全部通して歌って収録したそうです。
シングルはあまり出荷されてない上にカップリングはアルバム未収録なので結構高値になってます。
WANDSの曲の中で一番バージョンが多い曲です。
サビが結構来るので嫌いじゃないです。


4,もう 自分しか愛せない
作編曲:大島康祐

どちらかというとキーボードがメインのロック。
結構2期っぽい印象。初めて聞いたときはこの曲が一番アルバムの中では好きでした。
かっこいい曲でサビはかなり印象に残ります。
WANDSの全楽曲聞いたことあったらこの曲を聞いてWANDSらしい曲と感じると思います。


5,Good Sensation
作編曲:大島康祐 作曲:柴崎浩

サウンドがかっこいい結構ダークなロックです。Secret Nightの大島+柴崎Verみたいな印象。
だから上杉昇が気に入って自分好みのセクシーな詞にしたんでしょうね。
少なくともいい曲ではないです。(好き≠良い)
今は知りませんが、WANDS時代のLiveでは必ず歌われていたそうです。
僕は好きですが、一般受けしない曲なのでLiveに来た人たちはどんな感想を持ったでしょうね。
こんなにボーカルが気に入っても会社の意向でベストアルバムには残念ながら収録されなかった。
天使になんてなれなかったが良かったならこの曲も良かったのでは?と僕は思いました。
でもよく考えたらベストアルバムが発売される頃にはもう上杉達にとっては、
WANDSのアルバムに収録される楽曲なんてどうでも良かったんでしょうね。


6,この夢だけを…
作編曲:大島康祐

アルバムの最後に相応しい静かなバラード。
眠れずに一人きりで始まりますが、正直サビも静かだし盛り上がるのは後半なので眠ってしまいそうw
良い曲だとは思います。(好き≠良い)※大事なことなので二回言いました
あ、でも嫌いではないです。
アルバムで通して聞くなら良いけど普段しょっちゅう聞きたいとは思いませんでした。


-アルバム全体の感想-
寂しさは秋の色以外は全部に大島康祐が作編曲に参加しているため、
WANDSの全アルバムの中で一番安定していて且つWANDSっぽくないアルバムです。
しかも寂しさは秋の色は王道バラードですからPOMS以外のアルバムだったら違和感は出ませんね。
WANDSは知らないし深くも知りたくないけど聞きたいという方はこのアルバムがおすすめです。
かなり限られてるのでそんな人いるのか分かりませんけどw
中古ならWANDSのアルバムの中でもかなり安い方なので買いやすいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:WANDS - ジャンル:音楽

  1. 1902/01/01(水) 00:01:31|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポケットモンスターY プレイ日記4 | ホーム | ねんどろいど御坂美琴レビュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dust0514.blog11.fc2.com/tb.php/561-499601af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

@Dozen_Tamon からのツイート

カレンダー

カウンター

あなたは、
人目のお客様です。
現在、 人の人が
このブログを閲覧しています。

カテゴリ

日記 (123)
ゲーム関連 (14)
プラモ・フィギュア (63)
映画 (20)
絵 (4)
写真 (7)
音楽 (19)
未分類 (4)
リンク (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6782位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
194位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。