Dozery-12の記憶-

ダズンという学生が1ヶ月に12回は更新しようと努力しているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイドルマスターXENOGLOSSIA見終わったので感想。

アイマスを知らないロボット物が好きな方には胸を張っておすすめします。
やよいは幼女じゃなきゃだめ、アイマスキャラがギスギスした関係になるのは見れない、
なんで千早のバストが72じゃないんだ氏ね、俺の春香から井口の声とか耐えられん他、
みたいにアイマス好きで割り切れない方やロボット物を好まない方は見ないことをおすすめします。
西川貴教「割り切れよ、でないと死ぬぜ?」
ちなみに、プロジェクトフェアリーの3人は時期的に出てきません。

このアニメを例えるなら、仮面ライダーで言う仮面ライダー響鬼、
ガンダムで言う機動武闘伝Gガンダム、ポケモンで言うポケットモンスターReBurstです。
つまりアイマスであってアイマスではない

このゼノグラはロボットアニメ知らないアイマスファンに、
ロボット物は鬱展開ばかりという現実を叩きつけるという鬼畜アニメです。
ガンダムとかでトランスフォーマーで慣れてる人は大丈夫ですが、視聴する際はお気を付けください。


ではネタバレを含む感想。
映像、音楽、話の3つに分けて感想を書きます。

 まず映像についてですが、悪い点は無かったと思います。
 原案とは全く異なった展開をするため、
キャラデザもキャスティングも全部変えたのは良い判断だと思います。あと声優豪華。
原案と同じデザインと声優でゼノグラの話をしたらそれこそファンが激怒しますw
XGで別人になっても真は可愛い(若干クズいけど)。
 メカニックデザインも斬新でかっこいいですし、しかもかなり動きます。
特にプロメテウス3ヌービアムのデザインは今まで見たロボットのデザインの中でもトップクラスです。
インベルの頭部が武器みたいだったのに作中で何も触れられなかったのが気になるので、
スパロボに参戦したら遠距離武器か何かにしておいてほしいです。設定はどうなってるんだろう。
 作画は特に作画崩壊が目立つところはほとんどありませんでした。
バンクにできるところをバンクにしたり、iDOLがアップになってないところや
大量発生中のエピメテウスが出るところをCGにしたりして作画班の負担を軽くする努力が見られました。
あまり目立つことはなかったので良い調整でした。

 音楽、BGMも主題歌も良いものでした。
 OPは前期後期両方共良い出来でした。かっこいいです。しかもSE付き。
疾走感の微熱S.O.S!!、かっこよさの残酷よ希望となれ。本編の雰囲気にも合います。
前期OPの雪歩とか後期OPの片方しかリボンを付けていない春香とか
終盤でOP映像の意味が分かっていくという感じで良かったです。
 EDは入りは最高です。でも慣れない内はサビが夢であるようにと被ります。
ED映像は背景がインベルの眼でインベルの妄想と公言されていますが、最後の方で完全に理解しました。
春香が全裸なのはインベルの趣味ということで置いておいて、
"千早は見てもらおうとするばかりで自分のことを見てくれなかったけど
春香は自分自身をちゃんと見て微笑みかけてくれる"ということですねきっと。
 ストーリーの大体の流れができてる上でOP,ED映像を作ってる作品は良いですよね。
こういうことが出来るから原作がないアニメは素敵。"は"じゃおかしいか"も"だな、うん。

 最後に話。一部「えー・・・」ってなることもありましたが最終回の感動はこの上ない物でした。
このロボットアニメ、主人公機が他のiDOLに対して勝利したことがない上に最終決戦がないんです。
最終決戦の敵はドロップでした。それか一つ前のエピメテウスかヌービアムでしょうか。
主人公機が勝利したと言えばエピメテウス(量産型)とドロップ(隕石)ぐらいです。
ガンダムで例えたらザクしか撃墜したことがないアムロです。それで盛り上げれるのは凄い。
 黒いキャラは全部最終回付近で呆気無く死亡します。
・モンデンキントジャパンの上層部:エピメテウスの襲撃で死亡
・如月千早:インベルと一つになろうとするも拒絶され粒子化
・カラス:トゥリアビータの変形に巻き込まれ死亡(あずささんも巻き添え)
・テル・ロ・ウ:〃
この終盤の展開の速さは驚きます。だったら序盤中盤にもっと詰め込んでおけと思いますw
マスターユニゾンの話とか必要だったのか微妙です。
でも一話一話は面白かったです。今思い出すとここはどうだったんだって疑問点が出てくるのが残念です。
2周目見ても多分詳しいことが分かる描写は無いと思われます。
特に気になったのは雪歩のナルコレプシーがどこで完治したのか。
結局のところ敵のトゥリアビータの目的がアウリンの解放・iDOLと人間の融合による
人類の進化、及び新宇宙進出だったみたいですけど話が面倒になるばっかりで
色々書き足りてなかったような印象です。しかもあんな大きい組織の資金源は一体どこから?

 序盤辺りではインベルが人外の何か動物と考えれば行動はそこまで気にならなかったのですが、
中盤辺りからインベルと春香の関係がおかしい方向になっていき人間として見るようになります。
インベルを人間として見るとただの盗撮魔ですwww
春香や千早が盗撮魔淫ベルといちゃいちゃするのも理解し難いけど、
それだけはそういうもんだと思わないと話が成り立たないのでノータッチ。
 それから欲を言えばもっとテンペスタースを出してほしかった。
最強iDOLだけど扱いに困るのですぐ死なせましたとか
ビーストウォーズメタルスのタイガーファルコンの再来ですよマジで。
ちなみにテンペスタースのマスター、亜美真美は原案とは違う方向で可愛いです。
 このように色々話に欠陥がありますが、
毎回ED直前の最後の引っ張りは一話残らずわくわくしました
あと次回予告も面白いですw一番面白かったのが亜美のテレビ嘗めんなよ?でしたw
最後2話は残念でもなんでもありませんが真面目な予告です。
話が逸れました、次回予告なんてどっちでもいいんです!
毎回最後に視聴者を惹きつけるような展開をし、
そして本編にイントロが被ってEDに切り替わるという毎回鳥肌ものの終わり方でした。

 最終回。iDOLは地球を救うためアウリンに向かうがアウリンがドロップを放出。
前期OPをBGMにインベル・ネーブラ・ヒエムスのドロップ破壊戦闘、
そしてインベルは春香を地球に逃し春香から受け取ったリボンを握りしめ
命を投げ捨てて他のiDOLとアウリンを破壊する。するとアウリンが花のように散り消滅していった。
そこで後期OPがEDとして入りそれぞれのiDOLの起動キーが消滅していく中、
インベルのキーはダイスキの文字を描きながら消滅していった。

春香「バカ、知ってるわよ・・・インベル・・・」

後期EDが入ってきた辺りからうるっと来て春香の台詞で泣きました。
展開の仕方は神アニメです。間違いありません!
 確かにアイマスをロボットアニメにした
サンライズのプロデューサーは決して許されないかもしれません。
しかし、スタッフたちがこのアニメに注いだ
"熱意"は否定に値するものではないと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター XENOGLOSSIA - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/02/27(木) 20:27:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<愛着なんてものがあるからいけないんです | ホーム | Wave Beach Queens THE IDOLM@STER 高槻やよい レビュー>>

コメント

最高
  1. URL |
  2. 2016/03/03(木) 14:15:25 |
  3. あ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし(あ様)

ありがとうございます!
  1. URL |
  2. 2016/03/27(日) 11:27:07 |
  3. ダズン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dust0514.blog11.fc2.com/tb.php/606-78eb4cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

@Dozen_Tamon からのツイート

カレンダー

カウンター

あなたは、
人目のお客様です。
現在、 人の人が
このブログを閲覧しています。

カテゴリ

日記 (88)
ゲーム関連 (13)
プラモ・フィギュア (63)
映画 (20)
絵 (4)
写真 (2)
音楽 (19)
未分類 (4)
リンク (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
139位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。