Dozery-12の記憶-

ダズンという学生が1ヶ月に12回は更新しようと努力しているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノーゲーム・ノーライフ見終わりました。

 キャラが全員濃すぎてちょっとアレな感じはしましたが全体を通して面白かったです。
流石花田十輝様。そろそろガンダムか仮面ライダーの脚本に参加s(ry
それはともかく、現実で戦争をなくし戦争の代わりにゲームをするようになったらどうなるのでしょうか。

 戦争で決まっていたことを全てゲームで決めると決定したら、
まず最初に全ての国が戦争のための兵器を廃棄して軍は全て日本同様自衛隊となります。
軍事開発は自衛で必要な範囲となり、何処までが自衛のための武装なのか議論しなければなりません。
おそらく核は過剰自衛兵器の範囲になりますが、抑止力だと言い張る国も多いはずです。
その時点で核が良いならあれもこれもと兵器を廃棄できなくなる可能性があり
もはや仮定自体が成り立たなくなるのでそれも解決した仮定とします(かなり無理がある
あと反対勢力により「理不尽がゲームで決まってたまるか」とあちこちで内乱も起こりますね。

 さて、ガタガタの仮定からゲームの内容等を考えていきます。
ここで新たな仮定を追加します。全ての国の代表者がゲームのルールを把握したものと考えることとします。
 まずカードゲームや麻雀等の運要素が強いゲームの場合、
不正が容易に行えるためそれぞれの国が審判を出します。最低でも3人ほど欲しいです。
一方国民はと言うと「所詮は運じゃねえか」と不満塗れになります。
 次にスポーツだと通常の試合の2倍の審判がいなければ買収が発生しそうですし、
審判も人間ですから審判ミスが発生します。クッソ邪魔です。
それから選手のプレッシャーが死ぬほど大きなものになり、負けたら自殺を考えるレベルです。
一方国民はと言うと「××選手だったら勝てた」と不満塗れになります。
 最後に運要素が無いボードゲーム系ですが、世界中がそのゲームの必勝法の研究をし
最終的に先手もしくは後手で勝利が確定するという結果に陥ります。
どんなに複雑でもコンピューター技術とプロの総力があれば必勝法は発見すると思われます。
一方国民はと言うと「先手後手で決まるならゲームしなくていいじゃねえか」と不満塗れになります。
 そしてこのような結論に至るわけです。
ゲームなんて糞食らえだ。戦争だ!

 結局のところ、全ての環境や運が戦力と戦術になるゲームが戦争だったと言えます。
戦争肯定派ではありませんが、戦争の代わりになるものは存在しないと私は考えます。
あるとすれば話し合いでしょうね。もちろん両者が納得しないから戦争が発生してしまうのですが。
誰でも戦争が無くなってほしいと思っているはずなのに無くならない。
その辺の考察は偉い人にお任せします。話が大きすぎて結論が出ません。
この記事での結論:戦争なくしてゲームなんて無理
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ノーゲーム・ノーライフ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/07/06(日) 21:32:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まだまだ行けるかもしれない | ホーム | 7月になりました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dust0514.blog11.fc2.com/tb.php/664-6c58b01a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter

@Dozen_Tamon からのツイート

カレンダー

カウンター

あなたは、
人目のお客様です。
現在、 人の人が
このブログを閲覧しています。

カテゴリ

日記 (123)
ゲーム関連 (14)
プラモ・フィギュア (63)
映画 (20)
絵 (4)
写真 (7)
音楽 (19)
未分類 (4)
リンク (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

人気記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6782位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
194位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。